FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.04 桃浦の牡蠣
毎月一回、石巻市牡鹿半島途中になる桃浦漁港に行きます

水産特区の認定を日本で初めて取得する牡蠣養殖合同会社と一緒に
牡蠣の試験養殖をしてます
130802-2.jpg
成長は『いい』とは言えないんだ
海水に吊る高さや場所、うねりで揺れすぎるなど様々な海域に吊るし
育ち具合を確認してるんだ

今年は海水温度が上がらず低温続き・・・
ここに来てやっと上昇してきました!
130802-1.jpg
数はそれほど多くないですが海水温度も20度を超えてきたのでこれから
一気に成長するでしょう・・・楽しみです

そしてこの牡蠣を
130802-3.jpg
漁師さん達に協力いただきカゴに分散して成長具合をさらに見ていきます
10月には狙った大きさになるかな!

シングルシードという新たな商材を漁師さん達が、市場が消費者が受け入れてくれるか・・・

課題も多いし手間も掛かる牡蠣ですが手を掛ければ掛けるほど素晴らしい牡蠣が出来る
この技術を何とか根付かせたいです

また紹介しますね!!



スポンサーサイト
前回に引き続き、南に移動し大船渡市赤崎町

東北では最初に牡蠣シングルシード養殖試験を始めた地区

牡蠣の出来は!?

海水温度が上がり始め、日照時間も増え牡蠣には栄養とするプランクトンも
これから一気に増えるから成長も一気に進みます、いい感じに進んでます

どうでしょうか!?
130327-1.jpg
カッコいいでしょ!

皆さんが知ってる殻付き牡蠣ってイビツな形をしてると思いますが
シングルシードは育て方でこんなに綺麗な殻で育ちます
130327-2.jpg

130327-3.jpg

130327-4.jpg

まだノロウイルスが出てるため『生食用』としては出荷が解禁されてません

・・・まぁ、ちなみに僕たちは現場で平気で食べてますけどね

生牡蠣好きの方なんかは少々ノロが残っていても勝つけど
子供や生物に弱い方は絶対ダメ!!絶対に

仙台市内の『唄屋』さんというお店の好意でこの牡蠣の試食会を予定してます・・・が
どうしても生食で試食していただきたいため、もう少し待って頂きたいのと、
まだまだ水牡蠣状態なのであと2~3週間位で最高の状態になります
もし良ければ試食してみてください

但しお願いがあります
お金は頂きますが『自己責任』でお願いしたいのです

理由
この牡蠣の代金はお店に一切入らず生産者に行き、あくまでもお店さんの
好意で場所を提供してくださいます

そこをご理解していただいた方のみ『生食』を提供したいと思います

もちろん毒味は僕がみなさんに提供する前に食しますから!!

と言うわけでご理解くださいます皆様、宜しくお願い致します

明日、石巻桃浦漁港に急遽行くことになり出張から戻りブログアップしてます

岩手県三陸沿岸で牡蠣の試験養殖してるので少しだけご紹介しますね

昨日、岩手県は山田町の大浦漁港で試験養殖している牡蠣の選別作業と取材を兼ねて
行ってました

本養殖してる牡蠣を水揚げしに
130326-1.jpg

隣ではわかめを茹で、塩で和えます
130326-2.jpg

養殖棚から揚げてきたカゴから牡蠣を出す作業
130326-3.jpg

網は様々な藻類が生育するから定期的な洗浄も必要なんだ
130326-4.jpg

販売するためではなく大きくなった牡蠣を選別し新たに籠に分別します
130326-5.jpg

130326-6.jpg

130326-7.jpg
漁師さんのお母さん(チームレディース)達と一緒に大きさ選別と個数確認
ものすごい手間と時間を掛けて育ててます

三陸の牡蠣シングルシードを宜しくお願い致します。

さてさて、山田町の宿泊のためサッカーもあるし夕食の買い出し
サッカーもあるし登山グッツも持ってきてるので室内アウトドアの食材を!
130326-8.jpg
マルシンハンバーグ!
子供の頃、毎日位食べたかった記憶が・・・

サンマ出しラーメン
130326-9.jpg
以前、ご紹介していたサンマラーメンがカップ麺になってた
まぁ、味はね・・・仙台人はラーメンにうるさいからね!笑

サッカー見る前に腹ごしらえ(^^)

少し前の内容ですが、三陸の牡蠣をご紹介します

写真は宮城県石巻市桃浦漁港
130306-10.jpg
海底に沈んでいる瓦礫や防波堤の残骸など引き揚げてます
海の中見えませんが、想像出来ない程のさまざまな残骸が沈んでます
復旧の先ははるか先、一歩一歩進んで行くしかない・・・

被災した方が聞いたら怒られるかも知れませんが復旧復興に携わってる我々も
一生懸命活動してます、がんばってますので・・・・

そんな時、電話が一本
『桃浦のかき、初出荷しますので当日列席して頂きたい』という連絡
こちらこそという事で行ってきたので少しだけご紹介
130306-1.jpg
ご存じの方も居ると思いますが、宮城県が進めている「水産業復興特区」
構想の端緒は、宮城県知事による政府復興構想会議(2011.5.10)での提案
提案書では、「養殖業等の沿岸漁業への民間による参入や資本の導入などが促進されるよう
水産業復興特区を創設する」というもの

僕が何に関わってるかっていうと、シングルシードをこの地で作る事になり内々で進めてます

今年はこの場所で育った牡蠣で種苗生産する事にしました
来年のこの時期に最高の牡蠣が出来るよう頑張ねば!!

話は戻り
130306-2.jpg
震災後初出荷には地元子供達の太鼓の演奏も

130306-3.jpg
漁師のお母さん達も同じウェアで!

130306-4.jpg
宮城県は塩素殺菌海水で22時間漬け置きが条例で決められてます
理由はノロウイルスや様々な雑菌を殺してからでなければ出荷は出来ないのです

カルチ(ホタテの貝ガラ)から取り外した牡蠣
130306-5.jpg
この状態では誰も買わないでしょ!
これを漁師のお母さん達が殻から身を取りだします

ちなみに僕たちが大船渡・三陸山田町で作ってる牡蠣はこんな感じ
130221-35.jpg
これだけ違います!!

列席した方々へ焼き牡蠣の振る舞い
130306-6.jpg
とっても美味しかった!

130306-7.jpg
報道関係もかなりの数

僕もシングルシードの件でインタビュー依頼多々ありましたが
とじあえず4月以降に正式に発表する旨伝え今回はノーコメントをご理解いただきました

報道関係者には大々的に取り上げて頂くため今は控えさせていただいてます

130306-9.jpg

130306-8.jpg
漁師さん達がんばってます

是非、三陸の海産物買って頂き食べて頂きますよう宜しくお願い致します!

大船渡経由で仙台に戻るため、試験種苗してる牡蠣の確認と、漁師さん
との情報交換にチョコっと立ち寄り
130221-31.jpg
暴風雪でかなり寒い2月21日(木)でしたが漁師さんが集まって頂きました

H24年8月11日に1mmアップの牡蠣種苗が・・
130221-32.jpg
地元の漁師さんたちの協力もあり牡蠣も55gアップまで育ってくれた
素直に嬉しい!

130221-33.jpg
僕が普段使ってる携帯電話を並べて撮影

130221-34.jpg
丸くて可愛いでしょ(^^)

130221-35.jpg
出来は最高です!
でも出荷は自粛中・・・ノロウイルスが大船渡全域に出ちゃいました
下水処理場も全て津波による震災で処理前の物も・・・・

でもね、水温は最大値で2度・・ノロウイルスが出る低温が長い期間停滞
これから海水温が上がってくればノロウイルスも出なくなります

漁師さん達が酒蒸しを作ってくれました
130221-36.jpg
世の料理をする方々、
酒蒸しは蓋を閉めてすると身がしぼみます

身をフックラしたい時はフタはしません、写真のフライパンは270mmで酒は50cc
牡蠣の身はミディアムレアーよりちょっとレアーより・・・が
一番美味しいと僕は思います(^^)

130221-37.jpg
ちょっと冷めてしまいましたが、フックラとした感じいいでしょ

仙台市内の『唄屋』さんというライブバーで試食会を開催予定です

計画当時は自腹は無償で提供を考えたのですが、牡蠣プロのカトウ課長
ナイキ君に『無償で提供して震災復興になると思ってるの?』と言われ・・・

その通りだなぁと思い1粒牡蠣200円を計画してます
全額漁師さんにお渡しします・・・育ててる漁師さん呼ぶ?!

先日食事に行った定禅寺通りの『かきや』は生ガキ一粒480円でした

開催は3月末から4月初旬を計画してます(ノロウイルスと貝毒発生の中間時期)
各県沿岸で流通している牡蠣との比較もしますので、三陸の一粒牡蠣
(シングルシード)を是非知って頂き、皆さんが食べて復興の手助けに
なって欲しいと本気で思っております

開催していただく『唄屋』には何かしら事前PRお願いしますので
もう少しお待ちくださいね!!


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。