FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天候が読めないというか、よくわからないというのが素直な感覚
どうなってるの!?って感じですよねぇ

山好き海好き自然好きの僕にはこの不安定な天気は安全面で問題があるんだ
『雷』・・・どうにも逃れられない落ちたら即死亡
自然の中では安全を確保するのが難しいからね!

さてさて・・・

前回、コンロの紹介をしましたが、その他の装備を少し

130728-1.jpg
いろんなバックがあるけど全て大切な自然に行く時の装備です

赤いバックは何となくわかりますね!
『FIRST AID KIT』

今年、富士山が世界歴史遺産なるものに登録したようで、登山者も多いと聞いてる

TVニュースで就職活動中の大学生がビジネススーツ姿で普通の革靴でビジネスバック
持って登山してるニュースを見ました
自然の中に入るのに常識知らない若者、僕が人事担当なら見た瞬間に落とします

約3,800mの山がどんなものか事前に調べたのか無いのか・・・暴風になれば頂上は
夏でも氷点下近くになり、強風になれば簡単に飛ばされる・・・素晴らしい意識を
持った志の高い若者も多いけど『バカ』な大学生も実に多い・・・人ごとだけど情けないです

日本が世界に誇れる山です、最低限のキチンとした準備をして富士山、自然を
楽しんで欲しいです!!

次回は整理しながら中身をご紹介です!!
スポンサーサイト
東北って梅雨明けしてませんよねぇ・・・

7月末で夏用羽毛布団をまだ使ってるんだ・・・朝方少し寒いし

夏休みになった子供たちは海や川で遊びたいよねぇ

僕がビジネスフィールドとしている海域も今までにない変化があります

津波で変わったのもあるけど海水温度に表れてるのです・・・まぁ追って
掲載していきましょう

少しだけ筋力トレーニングして洗濯して整理してなどなどしてると
早い時間に帰ってきてもやることは多い・・・これが生活だなぁと感じます
生きてる証拠だよね!

さて、表題に戻ってパート1!

僕は登山好き山岳好き海好き釣り好きスキー好きBBQ好き・・etc
要はアウトドア大好き人間!!

そんな50才目前に迫っているオッサンがアウトドアで使ってる道具を紹介していきたいと思います
道具好きオヤジの失敗だらけで培った道具なので少しだけ役に立つかな!
130726-1.jpg
登山&アウトドアブランドの『モンベル』が輸入してるアメリカの製品
名称JETBOIL
コンパクトに収納されていて高機能!
様々な賞を多数受賞してますよ!

130726-2.jpg
分解してみましょう
上下に付いてるフタを開けると、鍋の底には熱伝導率をアップするための
ジャバラを形成

130726-3.jpg
中には様々な用具がコンパクトに収納

130726-4.jpg
中身を全部出してみるといろんな道具が効率良く収納されてます

130726-5.jpg
鍋容量は800cc、調理容量は500cc
一人(SOL)で使うには十分の量かな

130726-6.jpg
さて、組立してみましょう!
最初は・・・いろいろ説明しないと何がなんだかわからないよね・・・失礼

『コンロ』には様々な種類があって、液体燃料を使うホワイトガソリン・灯油仕様、アルコール
固形燃料を使う小さいミニ鍋に使ってる燃料、
今回紹介する気発性の高いガス仕様

気温・標高・気象など様々な環境に合わせたコンロがあります

選ぶ時は自分がどんな目的で使いたいか明確にしておくと選択が楽ですね
130726-7.jpg
見ての通りガスコンロ仕様です

ガス缶の設置面積が小さいので付随している補助脚を付けて・・・

130726-8.jpg
バーナー部分をガス缶に取り付けて

130726-9.jpg
本来は専用鍋がメインだけど、他者自社のフライパンや鍋など使える用にゴトク(鍋乗せ)が
標準で付いてます
130726-10.jpg

130726-11.jpg
パッケージ全ての状態
登山専用・・・なんて勿体無い
僕は常に携帯して、昼食の時や珈琲タイプ時、そして3.11のあの大震災時にあれば
暖かい食べ物を簡単に作れます

130726-12.jpg
ガス&コンロを付けたままでも食べるには問題なし

130726-13.jpg
鍋だけの大きさはBIGカップヌードルとほぼ同等の大きさ

130726-14.jpg
チタニウム製なので匂いも付きずらいし万能に使えるかな

フタはたとえばパスタの茹で汁流すのに細かい穴が付いてたり、珈琲用や移動中の
飲料水を飲むように一口ももちろんついていて機能的です

130726-15.jpg
いつも一緒に持って行くのは1リットル用の『ナルゲンボトル』
食事用と、珈琲用で1リットル、登山中は500cc~2リットルを別に準備してます

登山グッツは人が背負い、山奥で何もない場所で使うために作られています
だから震災にもとても役に立つし、僕はアウトドア道具のおかげで3.11の日からいつでも暖かい
食事をする事ができました
もちろんその他に沢山の準備品があったからなんだけどこういった道具は邪魔にならないので
ひとつ位持っていてもいいと思います(個人的な思いです)

値段は用途や目的別に沢山種類があるのでモンベルへ行ってみてくださいね!

次回は細かなパックをご紹介します(^^)

ではビールを少し飲みます!(^^)




ドタバタの7月

仕事も私事も目いっぱい!

高齢の親も居るしいろいろありますねぇ・・・親孝行をどこまでできるか!?

この年齢になると余計な言葉は不要で事実と素直な気持ちで接するのが一番かなぁ

今日は運動も仕事も小休止、少し落ち着いたのでブログ更新していきますね!!

さてさて、8月に北アルプスに行くので出来るだけ筋力・持久力アップのため
トレーニング兼ねていろんなところに行って脚慣らし登山中なんだ

今回は栃木県の名峰、那須岳にトレッキングしてきたのでご紹介します
130721-1.jpg
仙台からの距離は高速道路使って約200km
安全運転で2時間30分~3時間

130721-2.jpg
僕は福島県いわき市方面の仕事の途中にいつも立ち寄る安達太良サービスエリア
ここで山菜蕎麦を食べて活動のスイッチが入ります!!

130721-3.jpg
東北自動車道を北方面から走ると白河インターで降りて那須高原へ向かいます

どうですか、この新緑!
曇りですが、この時期の新緑は素晴らしい!!

130721-4.jpg
真正面が今も活火山として活動続けている『茶臼岳』、神秘的に感じるなぁ・・

130721-5.jpg
仙台を5時30分に出発し安達太良サービスエリアで休憩、那須岳ロープウェイ到着が8時15分
2便目の8時48分発のゴンドラで上がります

茶臼岳も朝日岳の頂上にも、もう登頂している人はいるねぇ
山は早ければ早いほどいいの、何でかって!?
夏場の午後は山の気象変化で雷や雷雨に遭遇する確率が高くなるんだ
そうそうそのうちまた天候に関する事書きますね!!

130721-6.jpg
ロープウェイ山頂の気温は14度、結構ひんやり、雨降ってないだけラッキーです

130721-7.jpg
ロープウェイから直ぐは見ての通り観光客向けの歩道
富士山五合目のスタートみたい

130721-8.jpg
さぁ、足慣らし・・・と思ったら茶臼岳の頂上(^_^;)
『頂上までは直ぐ』と調べてたけど、30分も掛らないで頂上です

個人的には距離が短くてとてもよろしいなぁ!笑

130721-9.jpg
頂上で山の神様に安全祈願

130721-10.jpg
富士山のように頂上一周できます、もちろん距離は1/10位かな

130721-11.jpg

130721-12.jpg
さて、一旦尾根に下りるんだけど写真下の赤い屋根の小屋わかりますか!?
130721-13.jpg
赤い屋根の小屋経由でその先の朝日岳へ向かいます
130721-14.jpg
写真だとあまり雄大に見えないけど素晴らしい景色に感動しております
130721-15.jpg

130721-16.jpg
のんびり景色を楽しみながら小屋まで下りてきて到着、トイレはないけど室内は休憩のみ可能です

130721-17.jpg
トイレないのにビール持参してる登山者
・・・そこまでしても飲みたいんだろうなぁ

130721-18.jpg
下から元気な小学生達が登ってきますねぇ

130721-19.jpg
僕、写真の真ん中に居まるわかりますか!?

130721-20.jpg
アルプス系の鎖場のイメージではないですが結構な斜面なので譲り合いで

130721-21.jpg
那須岳連峰、綺麗だぁ(^^)

130721-22.jpg
先ほど頂上から写真撮った茶臼岳

130721-23.jpg
朝日岳頂上で1枚
帽子の形が変・・・そうなんですよ、頂上は谷風!?風がかなり強風

130721-24.jpg
朝日岳頂上で ひとしきり休めたので下山しますか!

130721-25.jpg
いい山だ

130721-26.jpg
岩場の尾根に沢山人が居ます

130721-27.jpg
山小屋までの途中に1枚、雄大で素晴らしい景色

130721-28.jpg
小屋には沢山の登山道とトレッキングのタイムスケジュールが掲載されてます
これはいいかも

130721-29.jpg
お気に入りJETBOILのSOLO(チタン0.8L仕様)
ソロ登山ならこれ最高!、でも氷点下10度位になると能力の関係上厳しいクッカーなんだ
どういった物か別ブログでご紹介しますね

130721-30.jpg

130721-31.jpg
小学生も課外授業だね!みんな元気(^^)

130721-32.jpg
お昼ごはん食べて小学生達より早めに下山

ロープウェイで下りるのも良かったのですが時間もあるしのんびり散策しなから

130721-33.jpg
130721-34.jpg
130721-35.jpg
東北仙台からだと那須高原は200kmと近いし、日帰りで十分楽しめる山です

もし時間があれば帰りに温泉入ったり美味しい食事したりと避暑地を楽しむ事も
出来て魅力的ですね!

今回は写真をメインに那須岳および那須連邦を写真で紹介させていただきました
険しい所も少しあるけど安全確認しながら楽しめる日本百名山のひとつです

お時間あるようなら是非行ってみてください!

次回は、日帰り登山でも必ず持って行ってるバックパックの中身を紹介しますね!!

では北アルプステント場で弾き語り楽しむために練習練習(^^)VV

今日も暑かったですねぇ

さて、パート2に続き、翌日のトレッキングをご紹介します

今回の尾瀬行き前日準備等々で寝不足もあり食事済ませて19:00には寝てしまいました
多分横になって速攻で眠った感じ!

翌朝は当然早起き!?早過ぎ!?
03:00には目が覚めてトイレ行ったりしてたら嫌な音が、そう雨の音です

雨かぁ(><)
至仏山登って帰ろうと考えていたのだけど・・・

取りあえずまた寝ようと思い布団へ

でもね、廻りは04:00には起きて準備初めてる人も結構居るの
自然好きは朝早いですね(^^)

僕はといえば二度寝が思ったより寝てて気が付いたら05:00・・・腰痛!

130707-1.jpg
朝食前にお散歩
霧が立ち込めた尾瀬ヶ原・・・とっても綺麗です
表現変ですが酸素が濃いような錯覚をしてしまいそう

130707-2.jpg
05:30、朝食
僕が座ったテーブルは僕以外全員女性でど真ん中に座っております
そうです、尾瀬ヶ原は女性がとっても多いの!
挨拶しながら朝からいい感じ・・・他意はありません・・・朝食が美味しい(^^)/

そして、雨だし至仏山に登るのは次回にしようと思い、のんびりすることにしました
130707-3.jpg
レインウェアを着て記念撮影、また必ず来ます!!

そうそう、僕のレインウェアは石井スポーツのパイネのゴアテックスプロシェル仕様
このレインウェア購入するまでゴアテックスフィルムが伸縮性るなんて知りませんでした
理屈から言えば、伸びる=フィルムの通過穴の形が変わるし大きくなるので・・
でも技術革新なのでしょう、伸びるゴアテックス最高です!
値段も最高値!是非低プライスになるよう、宜しくお願いします

130707-5.jpg
昔へタイムスリップさてくれた弥次郎小屋さん、ありがとうございました

130707-6.jpg
奥の山は燧ケ岳、その麓は見晴十字路であり、宿泊しました真正面が弥次郎小屋

130707-7.jpg
見晴十字路は福島県側、至仏山は群馬県です

130707-8.jpg
沼尻川・・・魚も居ましたよ!

130707-10.jpg
のんびりする事にしたので尾瀬ヶ原のど真ん中でコーヒータイム

お花の写真を少しだけ
130707-11.jpg

130707-12.jpg

130707-13.jpg

130707-14.jpg
尾瀬ヶ原のど真ん中に僕一人・・・贅沢な時間

霧も晴れ、至仏山もハッキリしてきて綺麗だなぁ

130707-15.jpg

130707-16.jpg
逆さ至仏山も綺麗に撮影

この後、本格的な雨となり、やはり至仏山に登るのは今回は辞めることにしました
山ノ鼻からなら少し頑張れば二時間掛らないで登るのですが、帰り時間も考えると
厳しい時間帯、今回は尾瀬ヶ原を堪能することにしました

130707-19.jpg
山ノ鼻にある至仏山荘でお蕎麦を注文して弥四郎小屋頼んだおにぎりで昼食

130707-20.jpg
建物奥からが尾瀬ヶ原、左に行けは至仏山です
緑がとっても綺麗!

130707-21.jpg
群馬県側の登山口、鳩待峠
12:00ですが登山者から観光客からいっぱいです!!
登山装備一式担いで行ったけどトレッキングのみの二日間、でも良かったなぁ

いつもガシガシ登る事ばかりだったのが同じ自然でも湿地帯をのんびりトレッキング
素直に良かった!秋にまたお邪魔しよう!

130707-22.jpg
仙台までは休憩しながら5時間の運転、早めに帰る事にしました
途中、無料の足湯で足をいたわります

130707-23.jpg
なかなかの綺麗な足・・・冗談です(^_^;)

こんな感じで尾瀬ヶ原を楽しんでみました
登山と異なり、各所に山小屋があり休憩も含め様々な年齢層が手軽に楽しめるところです

至仏山に登れなかったのは残念ですが、次回は青空の日に登ろうと決意!笑

晴れの尾瀬、霧の尾瀬、雨の尾瀬と雪以外は様々な顔を見せていただき
素晴らしい景色のを見ながら美味しい生ビール!!

最高の二日間でした

先週末から運動してなかったので今日は少しだけ多めに運動です

『どれくらい!?』かって?

腹筋は200回・・・人それぞれやり方が異なるので一概に回数だけで判断出来ないけど
よく言う『お腹が割れてる』と言える身体になるには毎日1000回、そして体脂肪10%前後
まで絞らないとあの割れ目はお目に掛れません!

僕は数え歳で50才・・・・はぁ・・・(^_^;)

来年の今を目標に腹筋割りたいなぁ・・・なんて夢見てます!笑

三ヶ月くらい前に裸の背中の写真を紹介しましたが、あれから三ヶ月

そのうち、そう変化したかご紹介しますね!
ダイエットを考えてる方にはいい痩せ方教えますね(^^)

前置き長いってね!

さてさて、初の尾瀬ヶ原も宿泊する見晴に点在する山小屋に到着

とっても気分いいのです!
130706-24.jpg
今回の宿、弥四郎小屋
どうでしょう・・・、タイムスリップしたような感覚が自然に感じます
歴史は古く、この場で書くと大変長くなるのでネット検索で調べてね!

130706-25_20130709231940.jpg
もうね、水が冷たくて冷たくて・・
スーパードライが美味そうで!笑
宿泊客が持ちこんで冷やしてるのかなぁ・・・

木板路しか歩いてないのでサンダルでも良かったのだけど、一応翌日は至仏山に
登りたくて通常の登山装備なのでバックパックも少し大きめなんだ
まぁ、出来れば使いたくない装備も入ってるから大きくなってしまいます!

130706-26.jpg
みんなそれぞれに尾瀬の景色をバックに酔いしれる!?

130706-27.jpg
写真奥の至仏山の麓から歩いてきました

130706-28.jpg
尾瀬ヶ原に乾杯!

130706-29.jpg
山小屋でのんびり(^^)

130706-30.jpg
この日はほとんど水分補給してないのと、夕暮れの尾瀬ヶ原を観ながらの生ビールですもん!
それはそれは飲んじゃいます!爆笑

130706-32.jpg
歴史ある山小屋が点在してます
本当にタイムスリップした感覚になってます

130706-31.jpg
登山ではないのでこういった家族も山小屋の個室が取れれば楽しめますねぇ

130706-33_20130709233803.jpg
近隣を散策、今風の山小屋もあるし人気度がわかります

130706-34.jpg
標高1400mでcafe!?が・・・この景色の中で合コン出来そうだなぁ

130706-35.jpg
尾瀬小屋の前では団体さんが部屋割の説明中、自分達の親世代程の方々ばかり
やっぱり健康って一番大事だと思う

130706-36.jpg
こっちのチームは大宴会中!!
山はいい!健康に感謝!家族に感謝!仲間に感謝!自然を好きになった自分に乾杯!

130706-37.jpg
僕が名付けた銀座通り・・・ではなく、尾瀬浅草通り
何でかって!?それはやっぱり年齢が少しだけ高いので・・・失礼!笑

130706-38.jpg
今回、山小屋宿泊無理の場合はテント泊にする予定だったので現地の確認

130706-39.jpg
あらら、いいんでないの!!!
少人数ならテントの方が楽しいかもなぁ・・・風呂は無理だけどね!

130706-40.jpg
テント泊のみんなは、それぞれ自炊&宴会です

この時間がたまらなくいいのですよ!これでギターあったら最高だから!!!

130706-41.jpg
小屋に戻り、ガラスの写真・・・下手でごめんなさい
何を言いたいかというと、ガラスが歪んでます、僕たち子供の頃の実家の窓とか歪んでましたよね!
そんなガラスがまだあるなんて!で、撮影したけど僕の腕では上手く撮れなかったです(><)

130706-42.jpg
古い山小屋だから新旧修繕されてるね

130706-43.jpg
夕食は2回に分けて頂きます

夕食時間17:30、消灯21:00、朝食05:30
なんと健康的な生活でしょうか!笑

ちなみに19:00には寝てしまいましたとさ!

尾瀬ヶ原は山小屋でのこんな生活、どうですか!?
日常生活にはない素晴らしい風景景色と風呂上がり尾瀬ヶ原を観ながらの生ビールは最高です

少しでも尾瀬ヶ原に行ってみたいと思って頂けたら嬉しいです

翌日は朝起きると・・・え!?

ではでは(^^)VV



暑いですねぇ・・・夏ですねぇ・・・

こういう日は標高の高いところに行きたくなります

ってな訳で、7月6~7日と尾瀬ヶ原に行ってきましたのでご紹介しますね!
130706-1.jpg
木曜日の夜、『尾瀬ヶ原行こう!』と思い計画
この一番いい時に山小屋の宿泊予約取れるかなぁ・・・と思いながら各小屋へ問い合わせ

案の定ほとんど予約いっぱい(^_^;)
最後に連絡した一番大きい小屋にしてみると相部屋でならOKとの事で即予約!
これで金曜日夜に準備!

土曜日は遅くとも4時起きです!でも多分無理かも・・・準備終わって寝たの2時だし(T_T)

そんなんで結局4時30分起きでした・・・起きても普段の1/3の動き

そんなこんなで出発は5時50分と一時間も遅くなってしまいました
130706-2.jpg
目的の群馬県は鳩待峠手前、専用駐車場までの距離はフル高速道路経由で333km、ノンストップで日光の中禅寺湖にも目もくれず先を急ぎます

130706-3.jpg
駐車場に到着は10時10分頃、仙台から4時間でした

130706-4.jpg
群馬県側、尾瀬ヶ原への入り口の鳩待峠までは大人片道900円で乗り合いタクシー&バスを利用して入山します

130706-5.jpg
顔が寝不足してる・・・なんかもう移動だけで疲れてるなぁ・・笑!

さーて1時間ほど歩いて至仏山の麓、『山の鼻』へ
130706-6.jpg
僕たち登山者でもバックパックの重量は25kg位に抑えないと無理がきます
でもねこの写真のように70kg~100kgを山小屋のために僕たち宿泊者のために運ぶ人も
尾瀬ヶ原には沢山います

声は掛けないですれ違う特は会釈程度で

ほどなく山の鼻に到着(地図は追って)
130706-7.jpg
いやー、凄い人ですよ!!

僕は尾瀬ヶ原を望む東北ー高い燧ケ岳には登ってるのですが尾瀬ヶ原は歳取ってから
でもいいかと思っていたので今回が『初』なんです

『夏が来れば思い出す、遥かな尾瀬・・・・」歌にもなってる尾瀬ヶ原
楽しみだなぁ・・・

130706-8.jpg
一番最初に宿泊確認した至仏山荘、もちろん週末の前日予約出来る訳ありませんでした!
一応記念写真を!

130706-9.jpg
まだまだ続々来ます

130706-10.jpg
右側の燧ケ岳麓の『見晴』までのんびりトレッキングだよ!!

さぁ、出発!

130706-11.jpg
ほどほどあるいで後ろを振り向くと・・・至仏岳!2228m
翌日登山予定です!

130706-12.jpg
写真やTV等で知っていたけどこれほど綺麗だとは・・・
山ばかり登っていて、こういった湿原をトレッキングする考えにはならなかったなぁ
もの凄くもったいない事してきたなぁと反省してました
全身が光合成してるみたいです!

130706-13.jpg
ウラジロヨウラク・・・多分!

130706-14.jpg
オゼソウ

130706-15.jpg
もう少し風は落ちつけば逆さ燧ケ岳が・・・
奥の林の先も湿地帯が続きます

130706-16.jpg
逆さ燧ケ岳が見れましたよ!

写真では小さく感じますが、それはデカイ山ですよ東北ー高い2356mだからね!

130706-17.jpg

130706-18.jpg
ヨッピ吊り橋、ここを通って東電小屋へ向かいます

130706-19.jpg
東電小屋です
東京電力はここ尾瀬ヶ原国立公園の40%!?だったかなぁ所有してるんですねぇ
自然にも寄与してるというピーアール?自然保護?という事なのでしょう

130706-20.jpg
そうそう、つばめも沢山なんだ

130706-21.jpg
360度、どこを向いても素敵なんだ!

130706-22.jpg
急ぐ必要なんてないの・・・のんびり自然を新緑を身体いっぱい感じながら

130706-23.jpg
タイムスリップしたような建物が・・・

小屋に着いてからは次回に!

初めて尾瀬ヶ原を歩きましたが、老若男女関係なく沢山の方々が自然を満喫しておりました

とっても素敵で、どこを切りとっても絵になる風景

そして日常からタイムスリップしたような・・・そんな思いをさせてくれる尾瀬ヶ原

短い時間ですが全てを満喫しなきゃね(^^)

パート2では宿泊しました見晴(尾瀬ヶ原の中心位置)での山小屋の情報と周辺散歩したので
ご紹介しますね!

そうそう、ギター持って来なかった・・・余裕のない準備してるからなぁ

でもね、美味しい生ビールが待っててくれました(^^)VV

では後日パート2で!! 
蒸し暑いですねぇ・・・夏ですねぇ・・・
海だぁ!山だぁ!アウトドアなシーズンだぁ!!

ってなことは次回に・・・週末尾瀬ヶ原へ行く計画です
天気良くないですが、燧ケ岳は登ってるけど尾瀬ヶ原はトレッキングしたことがないんです
行かなかった理由の一つはもう少し歳取ってからでもいいかと・・
でも行きたくなってしまったので行ってくる予定なんだ
行ってきましたらまたご紹介したいと思います

最近の平日はほとんど仙台に居ないのでブログする時間も少なくて更新も
とびとびですが、先日音楽のお友達で尊敬する素敵なシンガーソングライター
いがらし笑子さんのライブに行ってきたので写真でご紹介しますね!
130629-1_20130704160208.jpg
ライブ会場は宮城県大崎市三本木にあるSound & Pizza BENCH TIME
言い方悪いですがド田舎です・・・僕的には田舎はいい!

一時、福島県の岳温泉方面にでも移り住みたいなぁ・・・なんて考えたことありました

130629-2_20130704160209.jpg
日本です、入口です、ちゃんと笑子さんのポスターも貼ってあるし!

130629-3.jpg
でもこんなコジャレた物も・・懐かしいような

130629-4.jpg
薪ストーブいいねぇ!

130629-5.jpg
お店に入って早々、今回のプロデュース菊池健一さん登場
素敵なライブに期待しますよ!!

130629-6.jpg

130629-7.jpg
美味しいパスタも出ましたがお腹空いてて写真撮る前に食べてしまいました!

さーてと、楽しみます!
130629-8.jpg
マスターのご挨拶から!
同じハーレー乗りなので以前来た時は改造話題でいいオッサン二人で盛り上がりました

130629-9.jpg
『いがらし笑子』さん登場
ライブ前に、お客様を前に『キチンと』挨拶するミュージシャン、ほとんど居ませんねぇ
たいがいのライブというかステージのスタートって適当に始まるのが多いと感じる
僕は見る者として笑子さんのこのごあいさつで客としてのスイッチが入ります

130629-10.jpg
いい笑顔だ!!
自分の名前が嫌だった頃もあったとか・・・
名前の通りの素敵な女性です

130629-11.jpg

130629-12.jpg

130629-13.jpg

ー部が終了し今回プロデュースしたミュージシャンの菊池健一さんが少しだけ
130629-14.jpg

130629-15.jpg
外から一枚

130629-16.jpg

130629-17.jpg

二部のスタート
130629-18.jpg
二部も演奏前にキチンとご挨拶するんです
見てる側として応援するファンとしてとってもとってもいいのです
笑子さんの人柄が表れてる、そして来たくださったお客様を大切にしている心が
更に『うた』に現れます

130629-19.jpg

130629-20.jpg

130629-21.jpg
ギブソン、マーチン・・・いいね!
同じメーカーのギター持ってるだけで勝手に親近感湧いてます
・・・両名には迷惑でしょうけどね!笑

130629-22.jpg

130629-23.jpg
いがらし笑子さんは決して大柄な女性ではなく、どちらかというと小柄な方なのですが
ドレットノートギター持っても決してギターが大きく見えないんだ
やっぱり持ってるねぇ『オーラ』

130629-24.jpg
菊池健一さん呼ばれて二人で

130629-25.jpg
お客様も目を閉じて・・

130629-26.jpg

130629-27.jpg
アンコールも歌い終わり
本当にいつもお客様に深々と頭を下げます
こっちがいい思いさせていただいてホンワカさせていただきました

130629-28.jpg
健一さん、とても素敵なライブでした

写真どうでしょうか!?

まだまだ素敵になんて撮影出来ないですが、『心音』に恥じぬよう心で撮影してみました

130629-29.jpg
そして来てくださりCD購入の方々にサインです!

お客様の表情良く見えませんが笑顔笑顔(^^)!

笑子さん
130629-30.jpg
お疲れさまでした
そしてありがとうございました

ウエスタンブーツ繋がりも発見し最後の写真にさせていただきます

音楽初めてから沢山の素敵な方々と繋がりができ、勝手ながらお友達と呼ばせて頂いてます

そんなみんなみんなに感謝感謝です

素敵な音楽にありがとう


久しぶりのブログ更新です!

いままでネット通信料金を振り込みにしてたのですが、以前未納で停止という
事態があったので引き落としの手続きをしてました

通帳で6月分の引落しを確認したのは良かったのですが、5月分が振り込みしないと
いけなかったのが、振り込みしてなかったんですねぇ・・・

そんなお粗末な出来事があり、我が家は10日ほどネットが使えない状況でした

でもこれからは大丈夫!!(何がじゃ!)

また定期的にブログ配信していきます(^^)

ってな訳で夜中に帰ってきて、ブログ更新!!


先週、音楽のお友達であり、素敵な女性のCD発売記念ライブに行ってきたので
触りだけご紹介します!
130629-1.jpg
シンガーソングライターの『いがらし笑子』さん

『 kokorone ~心音~ 』というとても素敵な初のフルアルバムを発表!

そのフルアルバム発表記念ライブ!

『いがらし笑子』さんファンとしては行くしかないでしょ(^^)

そして、このアルバムをプロデュースした菊池健一さんも記念ライブを盛り上げます!
130629-2.jpg

100パーセント木造作りのライブハウス!

人工的に作った音なんて必要のない空間

笑子さんの素敵な歌声

癒し度200パーセント!!

そんな素敵な彼女を次回ご紹介させていただきます(^^)!

もっとご紹介したいのですが明日も早いので今日はここまで・・・

ごめんなさい

みなさん・・・いい夢を

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。