FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の週末は携帯電話が通じないところに行くので夜遊びしてなかったのですが、たまには遊びたいし久しぶりに街中へ行ってきました。
140620-1.jpg
ここからギター弾き語りが始まった大変お世話になってる『唄屋』さんへ

140620-2.jpg
マキ☆ザキさんライブ!
なんと月一回のライブも今回で20回目とのことで凄いなぁ

では店内へ
140620-3.jpg
おっと!
まずはザキヤマさんのオリジナル曲!
いやー素敵な唄ですよ!!
唄ってる時の顔は怖いけど・・・笑
ギター上手い、歌上手い、MCは・・・中年!笑

140620-4.jpg
リードギターとして店オーナーのサニーさんが参加です

そして今回は
140620-5.jpg
お客さんでもある『ゆう君』がキーボードで参加
キーボードもハモリも超上手いんだから!!
カッコいいフレーズでマキ&ザキさんを盛り上げますねぇ

140620-6.jpg
いいねぇ、とってもいい!!
演奏者のレベル高いから立体的に感じるなぁ・・・

140620-7.jpg
マキちゃんも気持ちよさそうというか、聴いてる側に素直に入ってくる・・・

140620-8.jpg

140620-9.jpg
アンコールでは2曲を披露

140620-10.jpg
サニーさん、クリスさんから花束が
うーん、記念だぁ!!

140620-11.jpg
そ・し・て、今回はこんな可愛いお客様も居ましたよ!!
さて、誰に似てるでしょう!分かったらかなりの常連です!笑
可愛かったなぁ、どこかで一緒にするのかなぁ・・・

140620-12.jpg
お客様も常連さんになりミーティング

僕はコソコソと撤退

いいライブとはこんなに早く感じるんだね

140620-13.jpg
今回も楽しい有意義な時間を過ごすことが出来ました

サニーさんクリスさん、お世話になりっぱなしですがこれからも遊ばせていただきまーす!!

スポンサーサイト
最近の休日というか仕事以外はソックスを履いてない日が多い・・・

今に始まったことでもないけど素足は好きかもなぁ

そんなんでサンダルを調達!!
140619-2.jpg

140619-1.jpg
アメリカのメーカー『TEVA』(テバ)

『Teva』(テバ)は1984年、グランドキャニオンの1人の若きリバーガイドが、世界で初めてストラップ付きスポーツサンダルを開発したことから誕生したの。

そのリバーガイドたちは当初、乾きやすいビーチサンダルを着用していました。
しかし、ビーチサンダルはすぐに脱げてなくなってしまいます。
また、スニーカーでは水が入り込み、靴自体が重くなり、履き心地も悪くなってしまうという悩みを抱えていました。
この問題点に着目した一人の若きリバーガイドが、安全性と機能性を併せ持つスポーツサンダルを開発したんだ。

創業から30周年を記念したモデルとして今年この復刻版を記念モデルとして発売

やっぱり履き心地がいいですねぇ、さすが創設者リバーガイドが開発したサンダルです

今年のアウトドアも素足で快適に楽しめそうです(^^)VV

何の時計ですか!?・・って思いますよね

アウトドア用の腕時計!初所有(僕のじゃないけど)
140618-3.jpg
えー・・・機能はというと
GPSナビゲーション機能・・・現在位置の把握とルート登録や表示(地図で)
GPSによる高度計測機能、スピード表示機能、心拍表示機能・・・、まだまだ沢山の機能(^_^;)

説明書見た瞬間に拒絶反応が・・笑!
だって英語ばっかりだし!爆

凄い性能だなぁ子供の頃の夢みたいな時計ですよ!!

僕なんか標高分かれば十分だけど
この時計、たとえばランニングならスピート・ランコース・心拍管理(急激上昇はアラームで知らせるなど)、PCに繋いでデータ管理など、それはそれは凄い機能ばかり!

登山用と言うよりはスポーツ系にいいかもね

さてさてPC繋いでソフトウェアアップデートしますか!

使えるようになったらまたご紹介しますね(^^)VV

やったー!やっと修理完了で戻ってきたぁ(ToT)/~~~

一ヶ月目で事故、その後 丸二週間はレンタカー
一ヶ月無料点検の前に事故って普通ないだろうなぁ・・・

140618-1.jpg
リアドアもバンパーも新品!
もちろん板金塗装ではありません、全てフル交換!
ダイヤモンドコートも再コート

修理費用は33万円、追突してきた車所有者の保険100%なので持ち出しは無し
一番心配だった事故歴も付かないとの事で一安心です

140618-2.jpg
やっぱりいいなぁ、吟味しただけの装備は快適だ!

レンタカーはトヨタエスティマでしたが、うーんなんかイマイチだったなぁ
高級車なのに高級っぽくないしパワーあって燃費悪いだけのイメージで終了でしたよ

さーて、これで快適車生活の再スタート!
いろんなとこ行かなくちゃね(^^)/




No3は下山からスタート!
140615-35.jpg
写真の場所は小磐梯山と呼ばれた山がありましたが1888(明治21)年に大爆発で吹き飛んでしまいました
そのときの爆発による泥流で、桧原湖、小野川湖、五色沼が生まれ、裏磐梯の地形を一変させたんです

いまから下山するコースはその爆発の中心に向かって下りていきます

140615-36.jpg
黒い線で簡単にルートを記載してみました、何となく分かるかなぁ

140615-37.jpg
急勾配だから、登り降りともに足元確かめながら注意して・・・

140615-38.jpg
あっという間に爆裂火山跡まできましたよ!

140615-39.jpg
この辺りの景色、最高なんです!

140615-40.jpg
僕はアメリカ カルフォルニア州の自然国立公園『ヨセミテ渓谷』をバックパッカーするのが憧れなんだ!!
ここは福島県のヨセミテと名付けましょう!(^^)

140615-41.jpg
下山ルートを黒線で記載してみました

140615-42.jpg

140615-43.jpg
サトウ ヒロシさん、ブログ掲載の確認してないのでカタカナで掲載します
今回、下山ルートを一緒にトレースしてくれた仙台市宮城野区の方なんだ
『綺麗だなぁ』、『雄大だなぁ』、『楽しいなぁ』、『夏は北アルプスですよねぇ』とか
駐車場まで一緒に盛り上がってました!!

140615-44.jpg

140615-45.jpg

140615-46.jpg
早いなぁもうスキー場登山口だ
あっという間だった・・・もう少しのんびりすれば良かったかも・・・

140615-47.jpg
スキー場をのんびり降って山旅も終了です

140615-48.jpg
仙台からだと裏磐梯までは車で2時間、磐梯山に登れば、このような素晴らしい山が景色が迎え入れてくれます

自然に興味無い方でもショートコースなら軽装で十分堪能出来ますし、帰りは裏磐梯の温泉に入ってのんびりするのもいいですよ(^^)V

今回も天気に恵まれ写真沢山撮ったので3回に分けてご紹介させていただきました

あぁ・・、また行きたくなってきた、福島応援隊の僕は次はどこ行こうか!

また紹介させていただきますね!!

ではでは(^^)/

さてさて、No2は昼食からスタート!

140615-16.jpg
『弘法清水』の山小屋まで戻り、せっかくなので温かいなめこの味噌汁をいただきながら

140615-17.jpg
天候回復して・・・
景色も新緑も満点だぁ!!

140615-18.jpg
のんびり出来たし、登って来たコースでなく別ルートでこれから下山しまーす

140615-19.jpg
写真の男性、迷惑掛けてしまったなぁ・・・
なんと私、地図を忘れてしまいましてルートを教えて頂いております
間違えのないルートなんですが、濃霧にでもなったら大変なので・・・
とっても親切な方でした

140615-20.jpg

140615-21.jpg
下山途中にこんどは『黄金清水』、冷たくて『弘法清水』同様とても美味しい水!

・・・そうそう、水って美味しいんですよ!!

140615-22.jpg
短い縦走だけどのんびり歩いていきますか!!

140615-23.jpg
いやぁー、雄大です!

140615-24.jpg
裏磐梯を代表する桧原湖も綺麗に見えてテンションアップ!

140615-25.jpg
左側の細ーい縦走路が分かりますか!?
途中から右に行くと猪苗代湖側登山道になります、こっちもいいコースです!

140615-26.jpg
何指してたかなぁ・・・

140615-27.jpg
写真では傾斜があまり感じませんが左側落ちたら登って来れないかも

140615-29.jpg
僕の脚です、山登り出来る脚に感謝!

140615-30.jpg
暑そう!でしょ!
いいえ結構寒いんです
強風で帽子押さえて記念撮影

140615-31.jpg
さぁーて、歩きだしますか!

140615-32.jpg
登って歩いて来た後方を振り向けば

140615-33.jpg
磐梯山の頂上・・・下山ルート、縦走路が青空とともに

140615-34.jpg

見ての通りここから先は立ち入り禁止・・・写真で表現出来ませんが、崩落の可能性のある高傾斜で危険なルートなんです
このため【⇒】の方向、×から左へ下山していきます!

No2ではのんびり短ーい縦走の風景をご紹介させていただきました

さてさて、下山はNo3でご紹介しますね!!


15日、日曜日!
いい天気でしたねぇ、皆さんはやっぱりサッカー観戦ですよね!!

そんな日の僕は福島県の中心に位置する磐梯山をトレッキングしてきましたのでご紹介させていただきます。

140615-1.jpg
仙台からだと車で裏磐梯側の登山口までは飛ばして安全運転で2時間
移動ルートは写真のナビルートではなく福島西インターで降り、土湯峠からレイクライン(現在無料)の景色を楽しんで裏磐梯スキー場兼登山口という行程で向かいます。

140615-2.jpg
土湯峠の長ーいトンネルを抜けると霧雨、ちょっと落ち込みますが青空もぽつぽつ見え好天を祈って登山口へ向かいます

140615-3.jpg
今回の登山口は6本あるルートの裏磐梯登山口からアプローチ
熊注意・・・出くわしたら戦うぞ!??
・・・弾丸のごとく逃げます!笑

140615-4.jpg
20分ほどスキー場を登って行くんだ、ここでまだ目覚めてない身体の慣らし運転

140615-5.jpg
スキー場トップに本来の登山口があり、のんびり散策しながら進むと銅沼(あかぬま)の看板

140615-6.jpg
スキー場の上にこのような沼があり、そしてこの景色!!
鉄分が多いため茶色の岩肌、でも実際は綺麗ですよぉ

140615-7.jpg
新緑の中、熊に注意しながら!

140615-8.jpg
八方台登山口との合流地点になる中ノ湯経由で『弘法清水』に到着
ここでひと休憩

140615-9.jpg
行動食は景色を堪能しながらSOYJOYにコーヒーで!

140615-10.jpg
この景色見ながらだと何食べても飲んでも美味しいのです(^^)/

140615-11.jpg
薄っすらと桧原湖も見えてきました!

140615-13.jpg
さて頂上に向けて出発しますか!
先ほどの休憩ポイントから頂上までは早い人で20分くらいかな
途中、猪苗代湖側ではこんな絶景も見れます!
崖の奥側下は猪苗代スキー場、ハングライダーが良く飛んでるんだ

140615-14.jpg
頂上到着!
猪苗代湖が見えて良かった良かった!笑

140615-15.jpg
この時の頂上で半袖なの僕だけ・・・小学生みたいだなぁ笑、
頂上は結構風があり、気温も低くカッパ着てる人も居たなぁ・・・、
標高1816mだからそれなりに涼しいんだよね!
でも登山者も多く賑わっておりました(^^)

さて、『弘法清水』まで戻り昼食としましょう!

今回の登山は下山ルートがメインなのでNo2~でご紹介させていただきます!!

では後ほど(^^)VV

2014.06.14 泉区へ遊びに
今週中、久しぶりに遊ぼうと思い仙台市泉区へGO!

どこって!?

はい、ギター持ってミュージシャンのお友達、菊池健一氏主幹【ken's studio】 へ!

ある音楽繋がりの方から所有している『ギブソンのネック調整必要なんじゃない!?』と言われ、
自分では何ともないのになぁ・・と思ってたんだけど、ここはやはりギブソンマスターの
師匠に診ていただくのが一番だからね!

さて、健一宅に到着し部屋に入ると・・・何とも場違いの女性が居るではありませんか!
140611ギター教室1
現在、菊池健一宅(ken's studio)ではギター&ギター弾き語り教室を開講中なんだね

写真の子はイヨちゃん、高校1年生!

8月の文化祭でバンド演奏するとの事で菊池先生の元で1から練習中

可愛いなぁ・・・、あんまり可愛いくて僕は終始ニコニコ!変なオジさんになってました

こんな娘いたらなぁ・・なんて少し考えちゃった・・・
イカンイカン、叶わぬ夢は見てはダメだね

来週も来るというのでアイスクリーム差し入れして一緒に食べよっと(^^)/

健一さん、また図々しくken's studioにお邪魔します!!

ちょっと思考を変えてブログしてみます!

4月50歳の誕生日まで痩せない様に目一杯筋力トレーニング&ランをしてました

そんな中、目が行くのは色気ではなく『カッコいい女性&男性』なんだ

なんで身体引き締めるかっていうと『カッコ良く見られたい』からだよね!

でもね、誰に見せる訳でもないけど鍛えれば筋力付いて生活全般はやっぱり楽になるし健康を意識しての生活だから家族にも優しいように感じるんだよねぇ

そんな事してきたので今回は『カッコいい女性』と勝手に思う写真を掲載してみようかな
140608-1.jpg

140608-2.jpg

140608-3.jpg

140608-4.jpg

決して痩せてる方々ではないんですよねぇ
部位だけみたら腕や足は普通の男性以上にバッチリ太いかもしれません
でも不思議に均整取れてると僕は感じるんだ

そしてこれだけの身体管理に、どれほどの運動量と適切な食事をしてるか・・・・

もちろん掲載した女性の方々はトップモデルの方々だと思うし
自分がトレーニングしている数倍どころか毎日トレーニングしてるだろうし
食事も管理栄養士の元、厳選して計算し食べてると思うんだ

逆に言ったら、こういった身体を保てないのが現状の一般生活、
身体に悪いとは言わないけど誘惑の多い食べ物や遊びがこの世の中に如何に多いかです

最近糖質制限ダイエットが賛否されてるけど僕はある意味大賛成なの!
だって日本人は僕もだけどお米大好き!ラーメン大好き!日本酒大好き!
洋食増えてパン食も増加・・・そして間食に最適なお菓子は世界一種類あるんじゃないかなぁ・・・
そうなの・・・、日本人炭水化物に糖分摂取過多かもね!
そして豆腐ダイエットやリンゴダイエット、バナナダイエット・・・何それ??
訳わかんないダイエット器具やダイエット本、ネット上には掲載が多いです・・・

痩せるのにはキチンとした生活さえすればいいだけだなのに誘惑に負けるんだよね
甘い物大好きな人は一日に必ず甘い物食べたなぁって感じないとダメだろうし・・・
僕だって出来ればラーメンにチャーハン、夜食にポテチ食べたいから!
少しだけ依存症を逆手に取って、食べる時間換えて食べればもしかしたら健康的かも!!

真夜中にアイスクリームやラーメン食べるのを朝食に摂取して夜はサラダだけとか!
『そんなの出来たらだれも苦労しないよ!』って聞こえる・・・

そういう人はダイエットしなくていいんだよ・・だって生活に負荷がないんだから
ダイエットが必要になったら嫌でもしなくちゃならなくなるからね!

僕は20~25kg前後背負って山岳を登り降りします
疲れてくればくるほど以前痛めた膝・腰に負荷が掛り気を抜くとひねってしまい
まともに歩けなくなり同行している人に迷惑掛ける事になりかねない・・・
だから出来る限り迷惑を掛けない身体を筋力を作っているの、イコール筋力が多い
身体になってるだけで、だれでも何かしら痩せなければならない理由ができれば
運動だってなんだってするからダイエットなんて考えなくていいと僕は思います!

僕もアウトドアしなければ仕事して帰ってきてビール飲んで寝て休日は家で
ゴロゴロしていい生活なら、ストレス掛かる『腹筋』や『スクワット』、『ランニング』なんて
僕だって絶対しないしね!!

あれ!?、ダイエット話になってしまったなぁ・・・
話は戻り、カッコいい身体は=健康のバロメーターの『一部』だと思うの
健康は活力を与えてくれるし、なにより食事も美味しく感じるし、家族が安心するし!!

『余計なお世話』って!?
そうだよ余計なお世話でも無責任な発言でもお友達と思ってる友人には
ガンガン言わせていただきます!!

だってブログ見てくださってるお友達のみなさんとは
素敵な笑顔で、出来るだけ心も身体も健康で逢いたいじゃない!!

ではではまた『カッコいい!!』と感じる方々の写真、vol2でご紹介したいと思いまーす(^^)VV

2014.06.08 山行き妄想中
『梅雨』
雨は嫌いじゃないけど梅雨は憂鬱ですよねぇ

こんな日は家中の整理をするのが一番!!

仕事も家もやる事は沢山あるしだれもしてくれないからね!

そんな夜はのんびり・・・
P6080001.jpg
いつも居るソファーの横にはギターが居ます
そして今日は譜面台には譜面ではなく登山に必要な道具のカタログが陣取ってます!

更に歩きやすい靴とGPS搭載の腕時計をどうするか・・・購入する前のこの時が
以外に一番楽しいんだよね(^^)

今週末は新緑最高の尾瀬に行こうかなぁ・・・もう少し悩もう!!
2014.06.02 SLS63AMG
SLK
飯豊登山から帰ってきて、ネッツトヨタに寄り事故報告と今後の修理打ち合わせ後、
今度はシュテルン仙台へSLKを車検に出していたので受け取りに・・・

おっ!!
140601-31.jpg
自分の所得に関係なく『カッコいい欲しい!!』と思っている車が居るではありませんか!

140601-32.jpg
SLS6.3AMG V8ハイパワー!!数千万円するスーパーカーです

基本デザインは初代SL300ガルウィング、石原裕次郎も所有していた名車
さて、どんな人格者ならこの車に乗っていて『カッコいい!』と見られるかな

僕は自然が大好き人間ですが、こういったデザイナー・・鉛筆先の線を感じる工業デザインも大好きなんだ!!
ボートやヨット、自転車や家具のそんなデザインを感じるものが大好きかも!!
そんな事を感じさせる乗り物はいいね!

男同士の光のページェント
光PSLK
ほとんど乗らないけど車検も継続取得したし、尊敬するミュージシャン&デザイナーとSLKではなくカメラ持って『星を撮る会』を開催しなきゃ!
そうそう、飯豊連山での星空綺麗だったなぁ
あれ!?ベンツの話から・・・すみません、星空好きだから文章書いてたら横道へ・・・(^_^;)

ではではビールにします!

今日も一日お疲れさまでした(^^)乾杯!!
140601-30.jpg
納車一ヶ月目、お気に入りヴォクシー
昨日山に向かう途中、山形市内で信号待ちしていたこのヴォクシーに
若い青年運転の車が追突・・・なんで(T_T)
車降りると『申し訳ありません、ケガないですか?』と平成2年生まれの弱々しい青年が・・・
2台とも自走出来るし電話すると『出来れば来て欲しい』とのことで警察署に向かい調書
『事故はじめて!?』と聞くと『いえ追突事故経験あります』と・・・
携帯電話でも触っていて信号だけしか見てなかったのだろうなぁ
警察署では余計な事、口にしなかったけどね

飯豊登山帰りにディーラーに寄って担当者に報告すると担当者ショックで落ち込むし・・苦笑
営業マン・・・『松木さんの車、俺凄い磨いてバッチリ仕上げたのに』
僕・・・『まぁまぁしょうがないよ』
営業マン・・・『松木さんなんでそんなに冷静なんですか!、俺だったら・・・5分位続く』
こんな営業マン僕は好きだけどね!笑
山から下りて携帯電話繋がると・・・24歳の息子のためにその父親、母親から個々に連絡が入り・・・
本人から連絡無く・・・フリーターと言ってたなぁきっと弱い子なんだろうなぁ、両親の苦労というか心配の子なだろう
事故比率はもちろん100対0だけど自分も加害者になる可能性が毎日あるし
さらに安全運転を意識しなきゃね!!

こんなそんなで気持ちの切り替えが慌ただしいー日でしたとさ!


6月1日、全国的に猛暑!?でしたねぇ

天気図見ると快晴は確実と思い、福島県・山形県・新潟県に跨る飯豊連峰に遊びに行ってきたのでご紹介させていただきます。
140601-1.jpg
ミニバンいいねぇ! 登山荷物も余裕だし日本の道路事情を考えるとミニバン最高かもな!

140601-2.jpg
到着は真夜中、一応登山口を確認して一度下山

140601-3.jpg
仮眠を取った梅花皮荘(かいらぎそう)の駐車場で飯豊連峰をバックに一枚

140601-4.jpg
ゆがんでおります・・・後ほど報告

140601-5.jpg
ここ梅花皮荘は日帰り温泉500円も可能でこの写真撮影時6時ですが受付行くと『もう入れますよ!』と
ここで入ったら登山しないで朝からきっとビール飲んでましたよ!笑

140601-6.jpg
さて、登山口に向かいますか

140601-7.jpg
ここが登山口の長者原口で石転び沢経由北股岳ルートの入り口
ここからは手つかずの大自然が待ってます

140601-8.jpg

140601-9.jpg
綺麗でしょう!
人も車も居ない携帯電話も通じないところ
新緑とブナの原生林がトンネルを作っていて空気は澄んでいて気持ちいい!
そうそう、久しぶりに天の川?沢山の星も楽しめました

140601-10.jpg
温身平(ぬくみだいら)、ここからが本当の登山入口

140601-11.jpg
水量も凄い!
右に見える階段を上がっていきます

140601-12.jpg
久しぶりにおたまじゃくし見たなぁ

140601-13.jpg
僕は北アルプス大好きで、ここはその上高地を思わせる景色があります

140601-14.jpg
新緑がほんとうに綺麗!

140601-15.jpg
結構なところを登ったり下ったり・・・雪渓の上はまだまだ歩ける状況ではないなぁ
写真の雪渓の高さは数メートル落ちたら確実にあの世行き・・・

140601-16.jpg

140601-17.jpg
さぁて、雪渓の上を登ります

140601-18.jpg
下部はだいぶ雪も少なくなり・・・といっても幅は50m位あるけどね

140601-19.jpg
振り返ればこんな感じ、人の大きさでどんなところか感じてもらえれば!

140601-20.jpg
この写真の先が通称『石転びの出合』といいます
手前から上部を見ると雪崩れ後や落石も見られるねぇ

140601-21.jpg
本当は頂上へ通じる奥の雪渓を行く予定でしたが真夜中に自動車事故に遭い
早めに帰らなければならなくなったので断念・・・(ToT)/~~~
上部雪渓は最大斜度45°滑落したら最後止まらない事態になるんだ・・・
毎年事故が多く飯豊連山での事故の多くはここ石転び沢なんだ
落石も多いことから『石転び沢』という有り難くない名称が付いてます

140601-22.jpg
上の写真位置から下に振り向くと何となく雄大な景色が分かっていただけら嬉しいです
下に人が見えるけどお話したらここははじめてらしく『ハァハァ』言いながら頑張ってましたねぇ

140601-23.jpg
写真の上層部から落石!!
抱える余りある大きさの石が轟音とともに恐ろしい速度で落ちてくる・・・
下の登山者にはあたらなかったようで良かった・・・自然は危険とも隣り合わせと再認識です

140601-24.jpg
そうそう下山途中、自分の写真撮ってないじゃん!と思いパシャ!
スキー場みたいだけど全く異なる大自然ですから

雪渓までの樹林帯では無風で暑いけど雪渓上を上から冷気が吹いてそれは気持ちいいのです!
※この天気の昼間だからこの服装ですからね!
 バックパックにはアウタージャケット・ダウンジャケット・長袖シャツ・レインウェアは高所には持参です!!

140601-25.jpg
では落石に注意して下山しますか!

140601-26.jpg

140601-27.jpg
飯豊連山、楽しかった!感謝!!

140601-28.jpg
駐車場はこの下にもあり、結構止められますが、安達太良山のような優しい山岳ではないので車は少ないですねぇ・・・
雪渓までのアプローチルートも厳しいし、また登山経験が無く体力に自信なければ
『是非行ってみてください』とは進められませんが熟練者と同行で行ってみてほしいなぁ

140601-29.jpg
下山後、温泉に入って帰る計画してましたが、余計な用事が増えたためそそくさと帰路に
でもかなり汗かいたので年に一度あるかないかの自分からアイスクリームを買って!!
食べたらこんな美味しいものあったのか!って思う位美味しかったぁー!笑

今回も山内容の掲載でしたが、もっともっと人に伝わるような写真撮れるよう頑張りますね!!
次回の休みはどこいこうかなぁ、尾瀬の至仏山でも行こうか・・天気次第で決めよう!

ではでは\(^o^)/


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。